活用例

個別指導塾や家庭教師、あるいは塾や外部の教育機関全般に言えることですが、ただ「勉強する」というだけではなく、上手く利用していくことも大切です。

一例を紹介します。
大学受験においては、いろいろな教科の試験が必要になることが多いですが、人には得手不得手があり、得意な教科もあれば苦手な教科もあるでしょう。
他の教科の勉強は自主学習でどうにかなっているけど、英語に関しては不安だ。あるいは、英語が専門のところを受験するのでさらなる英語力が必要だ。
といった場合は、受講教科を選べるところを選んで英語だけを集中的に見てもらう、ということができます。また、英語の場合は英語専門の学習塾が多いですので、そういったところを探すこともできます。