問題をひとつ解決

勉強が嫌いだという人は、どう勉強していいのかが分からないという場合が多いです。
その場合、まず机に向かうことができません。具体的な目的も方途も分からないようでは、前に進む気力が生まれないのも道理です。
そして、なまじ机に向かったとして、勉強方法が分からないとなかなか前に進みません。効果的な勉強ができずに伸び悩むとなると、成果の見えない活動にはモチベーションが保てなくなります。

これを一気に解決できる可能性があるのが、塾などの学校以外の教育の場です。
そういったところはただ勉強をするためだけの場ですので、否が応でも机につかなければなりませんし、勉強の内容は向こうが用意してくれます。塾や講師の質がよければよいほど、効果はどんどん高くなっていくことでしょう。
そして、集合型の塾だと、結局は学校の二の舞いになってしまう可能性があります。学校の勉強をおろそかにしてしまう人は、他のところでも同じようにしてしまうからです。
となると、個別指導型の塾か、家庭教師がいいでしょう。こうなるとマンツーマンなので逃避することができず、勉強するしかなくなります。

ただ問題はそう簡単でもなくて、「義務感」が強くなってしまうと逆効果も考えられるでしょう。
特に親が子を塾に通わせる場合などに関しては、その他のケアなども総合的に考える必要があります。そしてその上で、塾や家庭教師は最初の問題を乗り越えるために有用だということです。